兼業主婦

会社員でも育児休業給付金ギリギリもらえない!?落とし穴はコレだ!

スポンサーリンク

こんにちは!
実際に育児休業給付金の予想だにしない罠にハマり、一銭ももらえなかったタケコ(@takeko_gsms )です…!

タケコ
タケコ

今回は育児休業給付金の意外な落とし穴について。

一般的には会社勤めしていれば、ほぼ条件を満たしているはず。
そして条件を満たしていれば、全員もれなくもらえると思うはず!!

しかーし!

タケコは少なくとも、
100万円以上もらえるはずだった給付金が、ビタ一文もらえませんでした…

ということで、

この記事でわかること

育児休業給付金、
会社員でももらえないのはどんな場合?

について、タケコの実体験を例に挙げて説明!

育児休業給付金の落とし穴が丸わかりです!!

\こんな人におススメ!/

  • これから産休・育休を取得する予定のある方
  • 転職経験をお持ちの方
  • 育児休業給付金について知りたいけど、ややこしくてわからない、
    注意すべき点を知りたい方

タケコと同じ思いはしてほしくないお…
是非とも参考にして、同じ穴にハマらないでね!!

特に、転職経験のある方は要注意!!

タケコ
タケコ

給付金が一銭ももらえない!?気を付けるべき人とは?

気を付けてほしいのは、転職した人・これから転職する人

関係するのは、この条件…

育休前の2年間で、1ヵ月に11日以上働いた月が12ヵ月以上ある

転職はこれに関わってきます!

ここにもあるように「育休前の2年間で」なので、通常は前職から現職まで通算されます
が!そもそもよくわからんですよね、この文章…
もっとハッキリ言ってくれたらいいのに、と思うのですが…

物理的にこの日数働いてないとダメはダメ。
でも働いてたとしてもダメな場合があるんです。

この日数働いた上で必要なのは、

その間、雇用保険に加入し続けているか?

ということ。

スポンサーリンク

見落としがち!転職とハローワークの関係

雇用保険と言えばハローワークですね。
転職する時、ハローワークに行く人は多いと思います。

何をしにハローワークに行きます?

  • ハローワークで求人情報を得るため
  • 失業保険をもらうため

たいていこのいずれかだと思います。

でもハローワークって、転職する時なんとなく行っとかないと、行くべき…みたいな、ぼんやりとした感覚で行くことないですか?

この感覚こそが落とし穴!!

非常にマズいです!!!!

仕事を辞めたときにハローワークに行く意味を考えなかった情報弱者

タケコの場合はまさに何となく…でした。

【タケコの職歴】

  1. TV番組制作会社にてAD⇒ディレクター
  2. CM制作会社にてプロダクションマネージャー
  3. 広告代理店にて営業事務  ←ここで育休/給付金もらえず
  4. 現職

❶TV番組制作会社で“社畜のボロ雑巾”と化したタケコは、❶の退職後しばらく休養を取り、失業保険を受け取りました。
(❶⇒❷間:失業保険受け取り・長期休養)

❷CM制作会社⇒❸広告代理店の間は、ほぼほぼつながった状態です。
❷の完全退職後、数日してから転職サイトで見つけた職に就きました。
(➋⇒➌間:1ヵ月以内に就職)

1つ目退職の経験から、「退職したらハロワに行くもの」というアタマになっており、この時もハロワで諸々の届出をしました
かと言って、ハロワで求人情報を見つけるつもりもなければ、失業保険をもらうつもりもありませんでした

案外クソ真面目なタケコは、ただ何となく、
「仕事を辞めたら行っといた方がいい」
「念のため」
「一応」
「届出してて得はあれど損はなかろう」
という、何とも曖昧な考えで行ったのです…

これが呼び水でした…

予定していなかったのですが、広告代理店就職後、1年以内に妊娠。
そして予定日はちょうど就職して1年後くらいの時期でした。

スポンサーリンク

産休中、突然の悲報…「日数が足りない」

病院到着1時間後の出産という超速・低コスト安産で子を産み、日々格闘しながら新米ママを頑張っていたところ、会社の総務から電話が。

内容は、

「育児休業給付金の申請をしたが、条件に満たないということで却下された」

というものでした。

1歳未満の子どもがいます。
雇用保険には加入しています。
転職したとはいえ、辞めてすぐに就職したので勤務日数的にはクリアしています。
育休中、給与の支払いは皆無です。
まったく働いていません。

条件は満たしています。

タケコ
タケコ

なのに、何故!?!?

とにかく信じられませんでした。

受給資格「日数が足りない」理由とは

総務の話を聞くと、

入社前ハローワークで手続きされましたよね?
それで雇用保険加入期間が一旦リセットされています

ええええええええぇぇ
なにそれwwwwwwww

ハロワで「退職した」という手続きをすることで、雇用保険の加入が一旦終わる
「働き続けている」状態がリセットされ、実際には1ヵ月に11日以上働いていた月が12ヵ月以上あるのに、通算されないとのこと…

結果的に足りない日数は5日でした…

産休前にわかっていれば、そのくらい働けたのに…
5日多く働いてから産休に入ったのに…

最初の会社の総務の方がとても親切丁寧で、そんな状況になりそうな場合は色々事前に教えてくれていました。

わかっていなかった自分が悪いとはいえ、何故今の会社の総務も一言教えてくれなかったのか…
先にわからなかったのか…

本当に無念で、今からでもその5日分働きます!とか何とか手を尽くしたいと申し出ましたが、結局何も変わらずどうしようもなく…

私がクソ真面目に、ハロワに行くべき!行った方がいいよね!と届けてしまったがために…

当時死に物狂いで色々と調べましたが、ここに言及した状況はもう変えられないようです…
こうなってしまったら、もうもらう方法はない…

ハロワ職員にも相談してみました。

「一つ抜け道があるとすれば、【うちで5日(足らない日数分)働いてました】と証明書を出してくれる会社・個人事業主などがいれば、書類的には通過させられる」とのこと。

とはいえ、会社は無理一徹。
なかなかそういう相手もおらず、泣き寝入りするしかありませんでした。
無念…(´;ω;`)ウゥゥ

まとめ

この一件でわかったことは、

  • 必要もないのに、むやみにハロワに行かない
  • 情報弱者ではいけない
    (国の制度で自分の権利に関することは、しっかりと理解しておく)
  • 総務や会社をアテにしない
  • 転職した人は休暇取得前に必ず日数を確認しておく!
    ⇒足りない場合は産休前にその分働いてから産休に入りましょう!

ということです。

しかしそもそも問題につながることだという認識がなければ、理解しようにも把握しようにも気付けませんでした…

日数が条件を満たしているかどうかは、産休に入る前に会社の総務に一度相談してみるといいかもしれません!

タケコ
タケコ

育児休業給付金がもらえないことになったら…
【クラウドソーシング】のススメ

事前に確認しておけば、このような事態は未然に防ぐことができます。

でもタケコ同様、時すでに遅し…という場合もおそらくあるはず…

タケコ自身も給付金がまったくもらえないとわかった時、その後の生活が本当に不安で心細かったです…(´;ω;`)

そんなときは気持ちを切り替えて新たに仕事を探しちゃいましょう!

出勤できないなら、育児しながら在宅でできる仕事をすればいいんです!

ネットのおかげで、本当に簡単にお仕事探しができる世の中になった( ;∀;)

得意分野を活かすなら♪

  1. 【似顔絵・イラスト・漫画】
    ブログアイコン/ウェルカムボード作成/VTuberキャラ作成/商品紹介の4コマ漫画
  2. 【デザイン】
    企業のロゴ作成/チラシデザイン/名刺デザイン
  3. 【動画・写真・画像】
    結婚式ムービー/写真や画像の加工/アニメーション制作
  4. 【音楽・ナレーション】
    作詞作曲/セリフ読み上げ/コンペ用の仮歌/音声ガイダンス
  5. 【Webサイト制作・Webデザイン】
    ホームページ制作/ヘッダーデザイン/WordPressカスタマイズ
  6. 【ライティング・ネーミング】
    ブログ記事作成/キャッチコピー提案/文章リライト
  7. 【翻訳・語学】
    外国語文翻訳/オンライン語学レッスン
  8. 【IT・プログラミング】
    VBA開発/サーバー構築/アプリ開発

\無料会員登録はコチラ/

【ココナラ】
くわしく見てみる

なお、こちらの記事でも【ココナラ】について書いています^^

よろしければ^^

できるだけ手数料を抑えたいなら

  • ワーカー手数料業界最安級
    (他社で発生する手数料のおよそ半額で利用できる)
  • 初めての方にもわかりやすく使い勝手がいい
  • 大手サイトで仕事が見つけられない・受注に漏れてしまう人でも安心

\無料会員登録はコチラ/

手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

イラスト・お悩み相談・占いができるなら【ココナラ】ライティング系や作業代行・リサーチ系なら【ビズシーク】がおススメ!

自分の得意なスキルを使って多少なりとも稼げるって、めちゃくちゃやりがいあります!!

タケコ
タケコ

【おまけ】弁護士である社長が放った塩対応な一言…

当時勤めていた会社は『労働者の味方』を銘打った弁護士事務所のハウスエージェンシーでした。
つまり社長は『労働者の味方』を冠した弁護士でした…

その社長に

「そんなの知らないよ、自己責任でしょ」

と一蹴されたことが、今でも忘れられません…

是非とも実情を知ってもらい、心配のないゆとりある育児休業を取得してください。。。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!^^
少しでも参考になればうれしいです^^

Twitterもやってるので、よかったら絡みに来てね(∩´∀`)∩
@takeko_gsms

「ブログから来た」と一声いただければ、音速で絡みに伺いますww

タケコ
タケコ

こんな記事もおススメ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください