恋愛論

【産後クライシス】離婚の危機!? いい夫婦でいるために妻ができる改善策

こんにちは!
産後、職場復帰した兼業主婦のタケコ(@takeko_gsms)です!

復帰してもう3年になるものの、まだまだ夫との家事・育児分担に悩みが尽きないのがホンネです。。。

タケコ
タケコ

「結婚したら子どもを何人産んで、笑顔あふれる楽しい家庭に――」

新婚時代、こんな夢に思いを馳せていた女性は多いのではないでしょうか?

というか、ほとんどの女性がこんな家庭を夢見たから結婚に至ったのでは?

でも実際、今そうなっていますか?

タケコも同じ。家庭に夢を持っていました。

が、その夢や思いは産後打ちのめされました。。。

子どもの出産を機に、夫婦仲は悪化(;´Д`)

今まで以上に、些細なことでもケンカが絶えない家庭に…

これこそが 【産後クライシス】!!

「自分一人で子どもを育てた方がマシかも…」
「もう離婚しかないのかな…?」

と思ったら、まずはこの記事を読んで!!

今ならまだ間に合います!

いったん踏みとどまって、この記事を読んでみてから考えても遅くはないです。

「本当は仲の良い夫婦でいたい」

少しでもこの思いがアナタにあるなら…

この記事でわかること

産後クライシス気味でも
夫婦仲を改善する方法

  • 夫への感謝を持ち続けるためにできること
  • 相手に思いやりを持って接するためにできること
  • 夫婦で家庭をスムーズに回すための心がけ

\こんな人におススメ!/

  • 夫婦関係を改善したい人
  • 本当は仲良くしたいのに、夫にイライラしがちで悩んでいる
  • 子どもの手前、ケンカする姿を見せたくない
  • 妻の気持ちを知りたい全夫に捧ぐ!!

それでは、スタートです!

産後の夫婦を襲う変化!
「なんで私ばかり」自己犠牲を感じる妻に大事なこと

【産後クライシス】とは?

【産後クライシス】とは、産後夫婦仲が急激に悪くなる現象のこと。

育児ノイローゼ産後ブルー(産後うつ)の結果起こると言われ、NHKが【産後クライシス】と提唱しました。

夫婦仲だけでなく社会関係まで悪影響を及ぼすこともあるんだとか。

どんな夫婦でも出産後多く起こる現象で、最悪の場合、離婚に至ることもあると言います。

それほど産後の夫婦関係って大事なんですね…><

産後の夫婦を襲う大きな変化と
“変化しない配偶者”への不満

産後、夫婦を取り巻く環境は、それまで想像していなかったほど一変します。

特に妻はこんなことを思うのではないでしょうか?

  • 家事・育児の分担がうまくいかない
  • 自分の時間がない
  • それにも関わらず相手は自由気ままで、今までとまったく変わらない
  • 楽しい時間・趣味を共有する時間が圧倒的に減った

身に覚えがありませんか?

今までズボラだった妻でも、子ども中心の生活になります。

なぜなら授乳を中心として、子どものお世話に追われるから。

生活リズムは“子どものリズム”ありき。

自分が好きなことをし、ゆったり過ごす時間なんて、取れたとしてもごくわずか。

子どもがお昼寝して、やっと溜まった家事を何とか終わらせて…

ようやく一息つける!何かしようと思ったら、起きて泣き出して、また寝かしつけ…という無限ループなんてザラ。

とにかく生活そのものがストレスでしかない。

さらにストレスを助長するのは、それに対する相手の姿。

今までの感覚と何一つ変わらず、平気で自分の時間を取っている…

もちろん全夫がそうではないと思いますが、妻の心はどうしても

「相手は好きなことばかりして」
「なんで私だけ」
「いつもいつも自己犠牲」

仮に協力してくれていても、些細なことで夫への不満・不平を感じがち

当時、タケコの口癖は
「なんで私ばっかり犠牲にならなあかんの」
でした。。。

タケコ
タケコ

ちなみに【自分の時間を持つ方法】についてはコチラに詳しく書いてます^^

参考にしてみてくださいね!

子育て兼業主婦が自分時間を作るには?フルタイムでもゆとりを持つ方法 兼業主婦の悩み…それは、 「自分の時間を作る」 子どもが産まれてからというもの、これが目下の課題でした。 周囲か...

産後の妻のお悩みにおススメの本

子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法

産後の妻の悩みや苦しみ…
そんな気持ちを代弁してくれる、この本が超絶おススメ!!ww

もうタイトル・見出しからして、「自分だけじゃないんだ!」と共感の嵐ではないでしょうかww

目次01
目次02

妻だけでなく、ぜひ夫にも読んでほしい一冊!
これを読むと、自分も悩みながらも努力したいと前向きに思えます!^^

タケコ
タケコ

【産後のいざこざ】
自分の気持ちの持ちよう・考え方で変えられる

産後クライシスの多くは、妻が夫に不満を持つところから始まるのではないでしょうか。

「こんなことなら自分一人で子育てした方が気楽!」

そう思って離婚がアタマをよぎりますよね。

でも夫に不満を持つということは、【夫への期待】の裏返しでもあるのでは?

期待していなければ、ハナから不満・不平を持つことなんてありません。

ではその期待を、前向きなベクトルに転換してみてはどうでしょう^^

夫にあえて積極的に“感謝”するんです!

夫にイラつかず子どもにもイラつかず、自分が笑顔でいるためには、同じ方向を向いた夫婦でありたいですよね^^

産後こそ
夫に感謝する気持ちを持ち続けることが大事!!

  • 夫への感謝をあえて意識し、きちんと明確に伝える
  • 夫に家事・育児を一緒に頑張るパートナーとしての意識を持ってもらう
スポンサーリンク

産後の妻が夫に“感謝”を伝えることが大事な理由

“感謝の気持ち”は男を動かす

これはタケコの個人的な見解ですし、我が夫だけかもしれませんが、男の人って褒めてもらいたい・感謝されたいんじゃないでしょうか。

仕事でゴリゴリ「何クソ!」とやっている男性でも、妻が仕切る家事の中では褒めてもらってやる気が出る・達成感を感じるように思うのです。

もちろん中には、自分で仕切って家事を進めている男性もいるでしょう。

でもタケコが出会った人を統計的に考えると、自分で仕切る人ってかなり希少な人材ではないかと…

ならば、妻のちょっとした心がけ一つで、いくらでも改善の余地はあるのではないでしょうか^^

自分が相手に感謝の気持ちを伝えることでスムーズに事を進めることができるなら、ちょっと面倒くさくても“しない方が損”!!ww

仮面夫婦や離婚を望んでる?

本当は仲の良い夫婦で、一番の味方・パートナーとしてともに歩みたいですよね。

日ごろから相手に“感謝”を感じるためには?

とはいえ感謝を感じたり、感謝の気持ちを持ち続けるって難しい。

わざわざそんなこと考えたこともない。

産後はホルモンバランスが乱れ、そもそもイライラしがちです。

正直言って、普通に過ごしていたらそんなこと考えるタイミングなんてない。

子どもが生まれるまでは、当たり前に夫に感謝もして愛を感じていたはず。

それが子育てで忙しくなったことで、感じる余地が無くなっているのでは?

だからこそ、あえて【夫への感謝の振り返り】の時間を作ってみる

これが大事だと思うんです!

振り返る時間を自分の中で作ることで、積極的に相手に感謝を感じられる。

夫への感謝を意識するためのカンタンな方法を、具体的に見てみましょう^^

スポンサーリンク

日々、夫に感謝するために
【夫への感謝日記】をつけよう!

夫に対しての感謝振り返りタイムとして、【夫への感謝日記】をつけましょう!^^

実はこれ、タケコが昔カウンセラーに教えてもらった方法の応用。

勝手な思い込みから夫への不信感が募り、カウンセリングに行ったことがありました。

そのときは“ただの過剰な心配症”でしたが、この方法は夫に信頼感を持つ・夫を肯定的にとらえる上でめちゃくちゃ意味がありました!

【夫への感謝日記】のつけ方

毎日少なくとも5つ、夫に「ありがとう」と思えることを書き出すだけ!

もっと出せれば数を増やしてもいい^^

カンタンでしょ^^
でも改めて5つ感謝することを書き出すのって、案外絞り出さないと難しかったりもしますw

こんな感じですね↓

タケコ
タケコ

「義両親のdisカッション」って…www

毎日続ける

少なくとも5つは「ありがとう」の感謝を絞り出す

些細なこと・当たり前なことでもOK

「私のために…」と思いながら書き出すことが大事

語尾を「~くれた」とすることで、感謝を意識

書きっぱなしのままにせず、たまに見直す

  • 手書きでもスマホアプリでもOK
  • いつでも書けて、いつでも見直せるのがベスト

自分の好みでOKですが、
タケコ的には“いつでもどこでも思い立ったときに忘れず書ける”から、スマホアプリがおススメ!

タケコ
タケコ

実際につけてみた!
スマホアプリで【夫への感謝日記】

ちなみにタケコはこのスマホアプリを使っていましたw
シンプルで手軽に書けるのでおススメ!!

タケコ
タケコ
瞬間日記 (Moment Diary)

瞬間日記 (Moment Diary)

Utagoe Inc.無料posted withアプリーチ

こんな感じでつけていましたw

最近のは恥ずかしいので、少し前のものですが…^^;

▲この日はいつもにも増し増しで感謝w

とにかく思いついたときに、短文でもいいからサッと書く。
習慣化しちゃいましょう!

そしてあとで見返して、夫に思いを馳せ、自分自身の心の整理をしましょう^^

タケコ
タケコ

「今日は夫が何してくれたっけ…あ、こんなこともしてくれたな、あんなことも…」

と考える時間を持つことが大事です。

「私のためにしてくれた」と感じながら、一つ一つ思い起こしましょう^^

ケンカの原因・解決策の分析なども併せて書くと、あとで見返したときに気をつけることができますよね。

ケンカの理由よ…www
でもよくあるw
あるある過ぎて泣けるww

タケコ
タケコ

また、やってみて気付いたスマホアプリならではのポイントは

文章の最後に(´;ω;`)マークを付ける!!

より一層ありがたさが出て、感謝の気持ちが増すような気がしますww

こんなアホブログでも褒めてくれた…(´;ω;`)ウッ
そんなうれしい思いを残しましょう!

ちなみにここにあるように、夫がブログネタを提供することもありますw
感謝しないといけませんねw

タケコ
タケコ

【夫への感謝日記】
メリット・デメリットは?

夫への感謝日記をつけるメリットはたくさんあります。

本来の目的である、

夫に感謝の気持ちを持つ

相手に対する思いやりを忘れない

ということのほかにも、こんな利点が^^

  • ケンカになりそうなときに見返すことで、自分自身が冷静になれる
  • 忘れかけていた夫への気持ちを思い起こすことができる
  • ケンカを思いとどまれる
  • それでもケンカになったとき、最後の手段として夫に見せつけるw
    (「自分はアナタに感謝している」と物理的に納得させる)

では逆にデメリットはというと…

正直めんどうくさいw

【夫への感謝日記】を付けていること自体は隠す必要はないですが、正直に言って恥ずかしくて、隠してしまいたいw

なので毎日見つからないように書き込むことが、ほんの少し気を遣うかもしれませんね^^;

でも、その思いをしてまでつづるからこそ、夫への気持ちをより確認できたり、感謝を忘れないことにもつながります。

相手に思いを馳せる時間を持つことは、自分の望む夫婦のあり方を考える上でも役立ちますよ^^

感謝の気持ちを伝えて夫婦の時間をつくろう!

感謝を伝えた上で、コミュニケーションをとりましょう^^

「ありがとう」と言われて気分の悪い人間はいないはず。

誰でも感謝されると、逆に相手に対してより良い感情を抱きます。

良い関係をさらによくするために、たまには夫婦で寄り添い、映画鑑賞会もいいのではないでしょうか^^

タケコは、毎週末・夜は
【夫婦で映画を楽しむ日】と決めていますw

タケコ
タケコ

マニアックな映画ファン必見!
  • 国内最大級のインディーズ映画配信サイト【DOKUSO映画館】
  • 月額980円で最大1000作品が見放題!
  • 他にはない、インディーズ専門ならではの厳選されたラインナップ 

\どんな作品があるかチェック/

今すぐ31日間無料体験!

いずれも約1ヵ月の無料お試し期間があります!
上手に無料期間を使って、自分たち夫婦に合う動画配信サービスを選びたいですね^^

タケコ
タケコ

まとめ:夫に感謝を持ち伝えることが一番の危機回避

産後はホルモンバランスも崩れるし、一気に自分を取り巻く環境が変わってプチパニックになりがちですよね。

今まで当たり前にできていた生活スタイルが、子ども一人増えたことでできなくなることも多い。

圧倒的に【子どもファースト】にならざるを得なくて、夫とはどんどん心が離れてしまう…

これって誰にでもあることだと思います><

この状況をどう切り抜けるか?

どんな夫婦・どんな家族でいたいのか?

今一度しっかりと考えるチャンスだと思って、自分ができることから前向きな行動をとってみませんか^^

産後こそ夫に感謝する気持ちを持とう!

  • 夫への感謝をあえて意識し、きちんと明確に伝える
  • 夫に家事・育児を一緒に頑張るパートナーとしての意識を持ってもらう

感謝し続けるためには【夫への感謝日記】が最適!

  • 毎日続ける
  • 些細なことでも感謝して日記につける
  • あとで見返して夫に思いを馳せたり、自分自身の心の整理をする

たまには一緒に映画でも観てコミュニケーションをとろう!

特別なことなんてしなくても、感謝と思いやりを忘れずに伝えていけたら、信頼関係・パートナーシップは継続できると思います!

そして一緒に映画鑑賞など、趣味や興味を共有する時間が持てれば、なおのこと絆は深まるはず^^

タケコ
タケコ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!^^
少しでも参考になればうれしいです^^

Twitterもやってるので、よかったら絡みに来てね(∩´∀`)∩
@takeko_gsms

「ブログから来た」と一声いただければ、音速で絡みに伺いますww

タケコ
タケコ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です